ひでDiary

自分の趣味についての日記です。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々に岩手の競馬を見ました。
ブルーコンコルド快勝!!ですね。
パドック非常にふっくらしてて一番良かった。気になった。
シーキングも同様に良かったのだが…。4着。。。
ペース速かったのかな?
直線でちょっと壁になった感もありますが、ヒシアトラスがふんばっているところを考えると、壁が影響したのか。。。前走が楽すぎたか!?
ん~、つくづく感じるのは、走ってみないとわからないということ。
展開とか不利とかいっぱいありますからね。
とても最近、自信もって押せる馬はいません。

ブルーコンコルドは今日強かった。はまった。
1600はどうかなと思ったけど、克服しましたねぇ。
来年のフェブラリーSを射程にがんばってもらいたいですね。

3着のジンクライシス(地方北海道とはいえ元JRA)は、-10kgながら3着。馬体重を聞き、"こりゃダメかな"と思ったが自力あるね。
5着はタイムパラドックス。

それ以下はGⅠレベルじゃありません。数合わせのオリンピック的参戦のようなもんですね。。。地方ファンには辛いですが。。。
早く強い馬が地方にも岩手にも出てもらいたいが。。。

結局は(元を含め)JRA勢でしたね。
またも敗戦の巻!!
スポンサーサイト
子供のころ、親父に連れてもらって競馬というものを知った。
盛岡・水沢によく連れて行ってもらったものだ。
当時の馬はうる覚えでしかないが、かすかな記憶で、
「スリーパレード」「テンメイ」なんて覚えてる。
「テンメイ」は秋の天皇賞馬!という名で地方転厩してきたのだが、
あまり勝てなかった記憶がある。
それから「ブルーハンサム」なんていたなぁ。
当時の騎手は、村上昌幸騎手がべらぼうに強かった。

大人になってから好きになった馬は、
「スイフトセイダイ」「グレートホープ」。
「スイフトセイダイ」は当時交流があまり盛んではなかったが、地方の大井、中央の中山まで挑戦したのであったが…。結局は東京大章典は2着まで(でもいいレースだったなぁ)。中央のオールカマーGⅡは5着まで。オールカマーは悔しかったなぁ。勝った馬は地方大井のジョージモナーク!!芦毛の馬がキラリと光っていた。ホワイトストーンも出てたからな。
「グレートホープ」はスイフトのライバル馬。いつもスイフトの2着で、あのみちのく大章典では1着同着のレースもあったっけ。そして、翌年のみちのく大章典だっただろうか(記憶が定かであればだが)、グレートが初めてスイフトを破る!!2着はなんと当時の10才馬ホワイトシロー!当時の枠連で万馬券だった。雨降りしきる中だったように記憶しているが、観衆からは「八百長!」なんて怒号も聞こえた気がするなぁ。今となっては懐かしい。あのレースは快心の一撃だった。

今日のところはここまでで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。