ひでDiary

自分の趣味についての日記です。

2009/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1-2での敗戦!!!!

最後のロスタイムの失点は勿体なかった。。。
開始早々の失点もそうだけど。。。

失点するときは、何か簡単に取られるのが今年の仙台。
特に前後半それぞれの開始直後が多い。

久しく先制してないなぁ。
菅井-梁で決めた以来かな!?

さて、FW陣得点強化!はどのようにすれば良いのだろう。
ベガモの意見に段々と近づいてきているような気がする。
やはり平瀬軸なのかもしれないですね。
それに外国人の2人。
サブに中原。

しかし、今日は後半終盤でのクロス精度が低い。
いい流れの時に得点を奪えない。
まぁ、負ける時はこんなものだろう。

上位のC大阪、湘南も負けて、こんな節に勝てない仙台。
毎年こんなもの。。。

でも、それなりに選手はがんばっていると思う。

2クール残り全勝しかないですよ。。。
ホントに。。。
ブツブツ。。。

2009 J2 第30節 甲府 vs 仙台
スポンサーサイト
2-1で仙台の勝利~!!!

いやぁ、ギリギリセーフ、という感じなのだろうか。
どういう風に皆さんは観ていたでしょう?

今季ホームゲーム初参戦の私。
久々のユアスタ、平日開催ではあったが、熱い声援、応援ですねぇ。

試合は、前半35分に失点。。。
やはり先制点は取れなかった。
湘南はパスを出した後の走り出しが早い。
連動性があり、失点も飛び込んできた阿部にやられた。。。

●ハーフタイム●
失点はしたものの田原、アジエルとか、要注意選手をきちんと押さえれば勝てるのではないかと思っていた。

そんな矢先、後半から平瀬に変わりサーレスが初登場!
サーレス効果がいきなり表れる。
ジャーンがサーレスに肘打ちしてしまったのか!?一発レッドで退場!
ありゃりゃ。

それからは、仙台のパスサッカーで主導権を握った。
しかし、なかなか点が決められず。。。
ん~、勝つはずなんだけどなぁ、と自問自答。。。

やっとのこと、後半35分に中原が決めてくれた。
ジャーンがいなくなったことで、空中戦の面白さを見た感じ。
サブも中原入れといて良かったっす、監督!!!!

それからは一進一退の攻防が続き、ロスタイム4分。
ドローかなぁ、と思いきや、やはり中原!
ピンポイントでやったよ~!
FWが点取るとやはり雰囲気が違うな。
最後の中原応援歌の大合唱はとてもいい光景でした。

他には、関口の走り、プレーセンスというか良かったですね。
関口はここのところちょっと壁にぶち当たっていたような感があったけど、
今日くらいは十分出来るのではないかと。腰は大丈夫なのかな!?

サーレスはヘディング上手いし、ポストプレーもお得意のようで、
また、精神面でのクールさもあっていいですね。
次回以降も期待します。
と同時に、FW陣はガンガン点取らないと使われなくなるな、きっと。。。

逆に不安要素はボランチでしょうかね。

まぁともあれ予想どおり今日は勝てた。
次節の甲府も厳しい試合でしょうが、競り合いのゲームで勝つこと。
これが大事かな!

2クール終了でボーダー68点に何チームが到達できるだろうか!?

2009 J2 第29節 仙台 vs 湘南
いやぁ、前節鳥栖戦に負けてしまい、
個人的に(内容も含め)プロの結果として、あとがない一戦と感じている。
ここで勝たないでどこで勝つ!?

私、この一戦、今季初参戦させていただきます

攻撃陣は鳥栖戦の面子からガラッと変えてもいいんじゃなかろうか!!
選手のケガ状態はわからないが、勝手に個人的なスタメン希望(予想じゃないよ)!!!

FW ソアレス-中島
MF 梁-関口-斉藤-富田
DF 朴-渡辺-エリゼウ-菅井
サブ サーレス-西山-千葉-一柳-萩原

平瀬の状態がわからないですが、
今節から間に合うとされているソアレス、朴を加え、
ボランチは疲労を考慮し斉藤に富田抜擢!
富田には前出場時の借りを返してもらわなければ!!!
でもハートの熱い選手じゃないと、最低限戦えないと思いますので、
ハートのあつ~い選手を起用してもらいたいなぁ。
そうなるとやはり千葉かなぁ。
若いヤツをいきなり出す監督でもないし。。。

やはり何を考えても不安は付きまとうものだ。。。
熱い試合を期待し、美味いビールを飲み、ほろよい加減でテクテク家路につきたいものだ
1-2で敗戦。。。

ここぞ!というゲームでの敗戦。
正直、これでは昇格云々ではないのかもしれない。

選手はがんばっていると思うし、とやかく批判するつもりもない。
やはり決定力不足、中盤でのボール支配(特に後半)が欠けていた。
また、交代で入った選手が活かされていない。
西山は特に可哀想な気がした。

しかし、2点目の田村のファールは痛かった!!
ちょっとプレーが雑になってしまったのが結果的に決勝点を与えるPKとなってしまった。。。

次節は中2日の湘南戦。
もう総動員で行こうゼ
とにかくあと3試合はトーナメントの気持ちで、死ぬ気でやらないと昇格はありえない

2009 J2 第28節 鳥栖 vs 仙台

PS.
湘南が負け、昨日のC大阪、甲府がドローだったことがせめてもの救いだ。
まだついている。
前半終了間際の梁のゴールは、ホント惚れ惚れだったのになぁ。。。
ふと気付けばリーグ戦半分終わっているんだなぁ。

トップにいるのは湘南。
個人的にはあまり強くないような気がしていたのだが。。。
小差でもモノにしているゲームが多い。

サッカーと繋がりはないけど、競走馬のお話し。
昔、ヒシアマゾンという最強の牝馬がいたのだが、
この馬は勝つには勝つのだが、僅差で勝つことが多かった。
当時の競馬評論家・故大川慶次郎氏は、僅差で勝つ馬が強い馬なのだと言っていた。
裏返すと、並んだら抜かさせない!ということ。

全てではないにしろ、サッカーもそういうところってあるのではないかと。
暑い季節になればなるほど、プラスアルファの力が必要になってくるだろうし。
強いチームは、並ばれても最後に突き放す力があるチームなのだろう。

ベガルタ仙台もそうあってもらいたい。
正直、7月の残り試合を全て取ることができたら、メダルの一枚を手中にできるのではないかと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。