ひでDiary

自分の趣味についての日記です。

2010/04 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0-1で敗戦。
3連敗。。。

一つのセットプレーで完全にやられた。

まぁ、前節の神戸戦に比べれば内容はいい。
あとは、守から攻への動きの中で、リスクをかけて攻めることができるかだろう。

まだまだだけど、何とかがんばってもらいたい。
私からの意見とすれば、
全力でプレーできる選手を使ってもらいたいこと、
ボランチも積極的に攻撃を仕掛けてもらいたいこと、
いろんなフォーメーションを試してもらいたいこと。
いろいろあるとは思うけど、シンプルに言えば、
「パスしたら動く」ができりゃいいかなと思います。

また次節。。。

2010 J1 第8節 湘南 vs 仙台
スポンサーサイト
さてaway湘南戦!

2連敗を喫し、なんか試合前から不安を感じるのは私だけ?

微妙な空気が流れていますが、こんな状態で名古屋、浦和あたりが相手じゃなくて良かった。
とは言うものの湘南、C大阪も昨季死闘を共にした相手でもありそう簡単には行かぬか?

湘南は前節そのC大阪に敗れ、是が非でも勝ちにくるだろう。
果たして仙台はどういう策に出るのか?

やはり昨季出ていない選手で行くべきと思う。
そういう点で今の状態から太田は当確か。

FWも中原メインでやってきたが、どこまで引っ張れるか?
中原は湘南殺し!という代名詞が似合う。
去年のhome湘南戦の2ゴールはしびれるくらいに酔った。
そんな活躍を期待する。

DF陣は大丈夫だろうか?
とにかく守備から確立して欲しい。
エリゼウ、広大はどうなんだろう?
前節都倉の1失点で抑えたものの、運悪けりゃ3失点はしていたと思う。
この間のナビスコカップでは鎌田が出場したようだけど、
あまり連携良くなかったような話しを聞くし、
今の段階ではCBはエリゼウ、広大しかいないように感じる。

ボランチは、千葉、富田でやってきたが、富田にも翳りが見え始めている。
私的にはここで変えちゃうと富田の成長が停滞しちゃうかな?と思うので、
ボランチはこのままでいいような気がする。
ただし、きっとこの試合はボランチの出来如何にかかっているような気がするので、
選手状態によっては他の選手の起用も必要と思う。

やはり、どこかのポジションでのリフレッシュが必要なんだろうなぁ。
さてどうなることやら…。。。

【J1:第8節 湘南 vs 仙台】プレビュー:前節惜敗の湘南、2連敗中の仙台ともに譲れぬ一戦。新たな歴史に勝点を刻むのは果たして
0-1での完敗!
リーグ戦2連敗。。。

何が悪かった?
全部悪かった。。。

ん~、
先発メンバーについては、リベンジメンバーでしたが、
"守備"を第一に考えればそうすることはしょうがないかなと。
そして、リザーブもそういう状況から、中島が入りました。
きっと、なぜ太田を最初から使わない?論争はあるのでしょうが、
今はとにかく守りを固めることから始めなくてはならないのかなと。

今日の試合を見て、
CBエリゼウ、渡辺、GK林の対応やらを見ていると、
なんとなく精神的ショックは癒されていないような気がしています。
今までは自信持ってやっていたように思えたんだけど、ちょっと揺らいでいる感じでしょうか?
プレーに安定感がない。。。

神戸の攻めも要所でスピードが速くなったりするので、
その対応に追われたり…SBも上がれず。
そして、最終ラインからのロングボール多く、
あまり梁、関口の活躍は見られなかったか。

メンバーの人選はチームコンセプト~全員守備、全員攻撃~なんだろうから、
まずはその守備の立て直しは急務!
現メンバーの精神面もひとつ、
それも癒されないなら、他メンバーの状態やらで状態のいい選手を起用、
それでも駄目なら補強対策~リストアップやら講じて欲しい。

ここをやり過ごすと、ホント痛い目を見るような気がしてならない。
J1では騙しはきかない。。。

残念だけど、攻撃の話しは守備の次のような気がする。
平瀬とか状態はアップしているようなので、
攻撃的には、いろんなメンバー構成での連携・決定力が上がれば大丈夫!
と私は思っていますが。。。

さて、次は湘南戦なので、中原は必須ですね!

2010 J1 第7節 仙台 vs 神戸

生観戦の方はさぞかし、
身体は寒く、試合も寒く、大変だっただろうなぁ、
と思うと、心が痛む試合だった。。。
さてナビスコカップを挟んだ3連戦の最後、リーグ戦の神戸戦!

ナビスコカップ京都戦では、前後半での良し悪しがあったみたいだけど、
久々に出た選手、いつも先発で出ている選手との連携が微妙に影響したのかもしれませんねぇ。
自己主張とか…。

最近ちょっと気になったのが、関口。
京都戦ではなんかあまりパフォーマンスが良くなかった!?とか…。
彼の走りは脅威なはずなんだけど、
清水戦も仕掛けが少なかったように見受けるし、
関口のド根性が失われつつあるような気がしているが実際どうなんだろう?
回りの選手との連携問題なのかなぁ…。
チームコンセプトもあると思うので、
一概に調子悪いとは言えないが、良いとも言い難いか。

この試合、どういう先発メンバーになるのか分からないけど、
とりあえず私の勝手な先発予想を!
FW 中原、フェルナンジーニョ
MF 梁、太田、千葉、富田
DF 朴、渡辺、エリゼウ、菅井GK 林
SUB
平瀬、奥埜、関口、斉藤、一柳、田村、桜井

いろんな見解はあるでしょうが、新しい風を吹かせましょう!
ということで奥埜はSUBで必須!
中2日の試合の3戦目なので、
極力選手を3戦使うことは後半動きが止まる可能性が高くなる!
と思うので避けたいのだけど、朴、エリゼウは変えられないだろうな。
そういう面で、CB・SBが出来る選手~一柳あたりは必須か。
そして斉藤を兼ね備える。
整理していくと、案外守備陣のSUBを含めた起用法が明暗を分けそうな感じがする。
となると、前でもきちんと守備をこなせる選手が!?ということもありえるカモ。
「そういうのは面白くないな」という人もいるのだろうけど、
今こそ守備をきちんと立て直す時かな、とも思う。
微妙ですね。

【J1:第7節 仙台 vs 神戸】プレビュー:リーグ戦での連敗は避けたい仙台が、気持ちも新たに厳寒のホーム戦に臨む。神戸は大久保復帰で得点力を向上できるか。
1-1のドロー!
第1節に続きドローとなってしまった。

私は試合観戦していないので、携帯と睨めっこ。
前半2分の早い失点にはガックリだった。
そして、後半6分の太田の得点が表示された時は感激だった。
ユアスタは沸いただろうなぁ。

今日はレイナルドが先発。

後半途中から平瀬も出場!
ん?永井!
そして最後に奥埜が登場!
ん?でもこれ後半ロスタイム2分に出場!?
もうちょっと早く出せないんだろうか。

まぁ、監督もJ1一年生!
とりあえず、今年はやりたいようにやらせたい。

試合後、試合を観に行った同僚からメールが。
凄く寒かったらしい。
いやぁ、そうだろうなぁ。
先日の鹿島戦も寒かったけど、今回もこんな寒い日になるとはね。
3日後の神戸戦は、あったかくなるといいんだけど。

まずは、観戦した方々は風邪などひかぬように

2010 ヤマザキナビスコカップ Aグループ 仙台 vs 京都
さて今日はナビスコカップ京都戦。

リーグ戦清水戦の大敗を一蹴出来るか?
広大あたり、精神的に大丈夫か心配している。
かなりのダメージがあると思うけど、ケロリと出てきてもらいたいが、DFはエリゼウ、鎌田か?

さてさて、個人的な希望としては、中2日の3連戦でもあり可能な限り先発メンバーを入れ替えてもらいたい、ところ。

期待したい選手は、
レイナルド、平瀬、太田、高橋、斉藤、田村、三沢、鎌田、一柳などなど沢山いるのだけど、ルール上、この選手達を全員先発では使えない。
大敗した直後の試合なので、微妙な空気が漂っており、こんな時こそ新しい風が必要なのかもしれない。
実現するかどうかだけど、奥埜が出場できて決勝ミドル弾!
なんてことあったら凄いのだけど。

ユアスタが会場なので無敗記録を伸ばしてもらいたいナ!
1-5での完敗!
ん~、最後の2つの失点は余計だったな。

お手上げ状態となってしまいましたが、次に切り替えられればいいのだけど。

でも、ひとつ良かったこと、分かったことと言えば、
中原は成長しているなと。
足元が弱いとかあるんだろうけど、
あの高さは確実に脅威!
W杯までの戦いの軸は中原で確定だろう。
活躍してきた梁、フェルナンジーニョは、相手のマークもきつくなってくるだろう。
梁は若干調子が悪かった!?だろうか。
ナビスコは休ませていいような気がする。

あと、関口はもっと仕掛けてもらいたいな。
チームの決め事とかあるかもしれないけど。。。

(関口に限らず)シュートを打つ、パスを出す・受けるの
決断力・察知力を早くした方がいいと思う。
これがスピードになれないと…と、言っていた所なのかもしれない。

5失点試合になったけど、1得点はできた。
決定力があったら4点は入っていたかもしれない。
負けは負けだけど、AWAY戦ながら守備的にはならず、
最初から攻めての結果。
今までのベガルタにはなかなか見られなかったことかもしれない。
それなりにチャレンジしていると思うし、
あとは練習あるのみなんだろうな。

次はもう3日後に控えているので、
切り替えてがんばってもらいたい。
残念でしたが、次の試合に出てくる選手に期待することとしよう。

2010 J1 第6節 清水 vs 仙台
さて明日は清水戦!
ナビスコカップを挟んだ中2日での3連戦の1試合目。

清水は前節までで暫定1位と波に乗っている。
小野、岡崎といったところが一番やっかいなんだろうが、
堅守の仙台がどう封じ、相手の防御をどうかいくぐるか?

もう6節にもなるので、そろそろ仙台対策はどのチームも打ってくるだろう。
その策に対して、対抗出来る選手が必要か。
大幅にメンバーは入れ替わらないと思うが、
FWの平瀬、レイナルドはそろそろ台頭してきて欲しい。
前節も気にしていたが、どうも中島に結果が付いてこない。
点を取ることだけが仕事じゃないけど、やはりFWは得点だろう。
逆に、なぜフェルナンジーニョは得点出来るんだろう?
プレーセンス?嗅覚?…

この試合、DF系が清水に対抗出来るなら、
FWの出来がこの試合を左右するような気がする。
仙台は何本シュート打っても得点出来ず、清水は確実に得点、
という図式だけは勘弁して欲しいな。

FWがこういう状況下で、ラッキーボーイ的存在が必要不可欠!とも感じる。
今使われている選手でぴったりな存在とすれば、太田だろうか?
ドリブル突破出来る選手は重要!
ポゼッション出来ても、ミスパスからカウンターなんてのは嫌だなぁ。
関口、中島、太田あたりの突破がチームを勢いづかせるはずだ!

それができないなら、負けないAWAY戦にすることで合格点!かな。

【J1:第6節 清水 vs 仙台】プレビュー:勢いのあるチーム同士がアウスタで激突する注目の上位対決。清水はホームらしい戦いで仙台の守りを崩し、ゴールを決めきれるか
2-1で仙台の勝利!

試合は最初から動いた。
前半1分~約20秒くらいだっただろうか~、
梁(だろうか!?)のシュートがクロスバーを叩き、
跳ね返ったボールを鹿島DFのクリアミスか!?
詰めてきたフェルナンジーニョが決め先制!
あっけなく、そして劇的なゴールは鹿島サポーターを唖然とさせた。

その後、事態は急展開!
前半15分、マルキーニョスが菅井に肘打ち!?をし、一発レッドで退場!
しかし、鹿島も10人ながら、自力の強さありあり!
鹿島はまだ本気らしい攻撃はなかったような気がする。
前半はそのまま終了。

後半16分カウンター攻撃~梁からフリーのフェルナンジーニョに渡り追加点!
後半19分大迫、ジウトンへ2枚替えをしてから鹿島がリズムに乗ってくる。
後半32分興梠に決められる。
やはり縦パスからの一発は武器であり、一瞬にしてやられた。
しかし、何とか喰らいつき1点リードを守りきった。

相手が10人になったとはいえ、精神的に気力が勝っていたと思う。
技術は鹿島が上だけど、喰らいつくことができた。
それの表れは、菅井の守備、攻撃にあったのではないかと思う。
1対1での対応で相手をじらせるプレー。
前半終了間際だっただろうか、右サイドから中央への走りこんだ好機。
ああいうプレーが相手を精神的に追いつめていくと思う。
今回は全てが上手く運んでしまった。
9月のAWAY戦で仙台の進化が問われると思う。

これで勝ち点10!
次節は清水。
勝ちたいけど、負けないサッカーでいいと思う。
そうすれば未来は拓かれる。

2010 J1 第5節 仙台 vs 鹿島
[J1仙台 第5節 仙台vs鹿島]の続きを読む
さて、待ちに待ったHOME鹿島戦!
きっと皆、この試合に気合いを注入しているんだろうな。

私が初めてサッカー生観戦したのは、
2004年の秋、カシマスタジアムでの鹿島と清水の対戦でした。
その試合の鹿島・FWは、現仙台の中島と元日本代表・鈴木隆行であり、
その試合結果はスコアレスドロー。
「今思うとなんとなく想像できるよね。」

決定力不足という課題は、その頃からだったんだなぁ、とつくづく感じます。
チャンスは作り出すが、決められない。
「決めちゃう時は簡単に決めるんだけどなぁ。」
結構、メンタル面も影響ありありかな。

巷では中島云々の話しが飛び交って来ていますね。
中島にはホントがんばってもらいたい!のだけど、
この試合は中原―フェルナンジーニョで行くしかないのでは?と思います。
もし、平瀬が…というのであればまた話しは変わってきますが。

今の仙台・FWの調子、信頼度は、
中原、フェルナンジーニョ、中島、(レイナルド、平瀬)の順なのかな。
ただ、平瀬は間に合えば鉄砲使いでもやってくれそうな感じがします。
早く5人がベストコンディションとなり競争が生まれるといいのだけど。

相手-鹿島の面子を見ると、すげ~面子ですよねぇ。
とにかくそういう場で試合が出来ること、観れること、
が幸せだなぁと思います。

仙台のこの試合のポイントは、
攻あれ守あれ冷静なプレーで相手をイラつかせること!
これが出来れば、結果もいい方向に向かうのではないかな?
ただ、鹿島には器の大きい選手が揃っているので、
一瞬なり、一発なりで決まることもあるでしょう。
ゴールを割られる前に、どう食い止めることができるかですね。
技術は劣っていても、精神的な食らいつき・チーム総合力でカバーするしかない。

とにかく試合後に『いい試合だったなぁ』と思える試合を期待しています。

私も念願の鹿島戦とあり、悪評高い、宮城スタジアムへ初めて行って来ます。
J1昇格後の初生観戦、チケットもどれ位売れてるのかな。
ぴあは完売みたいだけど。
[J1仙台 ~第5節 仙台vs鹿島~]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。