ひでDiary

自分の趣味についての日記です。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2000年の終幕から、はや7年の歳月が流れ、一夜限りの復活LIVE!!
どういうLIVEになるのか、ひじょ~に興味津々でありました。
1曲目は何から始まるんだろう!?
スタンダードに"LOVELESS"!?
度肝を抜いて"WISH"!?
ん~、いろいろ自分の中で考えつつ・・・
客層も7年経った今、どんな客層になるのだろうか、と余計な心配もしつつ。。。

会場に入ると、結構RYUICHI系の客なのか、ちょっとお年を召した感じの方もチラホラ・・・
でも個人的に良かったと思ったのは、男の客も"負けじ"といたことが印象的でした。

18時開演の予定が50分くらいおして始まったOne Night Dejavu!!!!

注目の1曲目は・・・
スタンダートに"LOVELESS"からでした!!
そうだよな、今日はDejavuなんだからと思った一瞬。
それから2曲目"Dejavu"へとなだれこんだ。

それより何より、真也のヘアースタイルには度肝を抜かれました。
若い頃を彷彿させるような感じだった。

メンバー5人がだんだんと落ち着いてきたのは"FACE TO FACE"あたりでしょうかね。
やはりああいうおも~い感じのドロドロした曲は観る側はちょっと静かになるけど、やってる5人はリズムのぶつかりあいとか、とても気持ちのいい時ではなかったかと。
"GRAVITY"あたりで溶け合った印象を持ちました。

ただ、前半あたりで残念だったのは、ベースの音が絞り気味だったこと。
トラブルなのかはわからないけど。。。
全体的な音のバランスは、ボーカル重視気味で、ドラムを効かせた感じだった。

結局SET LISTは、ほぼ終幕以前にやっていた構成と何ら変わりない、ホントDejavuを観ている感じではあった。
ただ、終幕の時と比べて、年をとった部分はあるが、パワーを増した感じがした。
特に真也はとてつもなく進化している。
私は正直このLIVE前、真也のことが心配だった。
他のメンバーはそれなりにソロ活動などでLIVEを行っていたが真也はちょっとどうなのかなぁ、と。。。
全く心配御無用!!でしたね。
それより、テンポキープとかしっかりして、
"TIME IS DEAD"の16ビートの刻みは、圧巻でした。
スナップの効いたスティック捌き。
まぁ、それが出来ることが普通プロでしょ!!!と思う方もいるだろうが、結構、これって出来ているドラマーは少ないですよ。
この7年は、空白の7年ではなかったということです。

アンコールも3回でしたか。
2回目の"MOTHER"のみだったのはちょっと"!?"でしたが、Violin関係なんでしょうかねぇ。。。

でも、最後の"WISH..."でRYUICHIの"かかってこ~い!!!"を久々に聞き、やっぱ"RYUICHIはLUNA SEAが一番合っているよ"と思った。
私個人的に感じているのは、この5人のぶつかいあいの面白さがある中、ドラムでボーカルと歌っている真也とRYUICHIの関係がとても心地よいLIVEだったと思う。

7年の鬱憤を晴らすべく、オーディエンスも最高だった。
でも、少なからず、アンコールあるんだろ、みたいな雰囲気が何となく出来ているというのが何か嫌だったなぁ。
できたら、予定外のアンコールとかの方がいいんだけどね。
今は何でもアンコールありの状態になっているからねぇ。。。
大きい会場になればなるほど、難しい問題だろうと思うが、それだけが気になったなぁ。。。

いやいや、でも、このLIVEとてもいい出来映えでしたゾ!!
LUNA SEAは、やはり偉大なバンドである。
できれば、いつか、また観たいなぁ。。。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hidediary.blog49.fc2.com/tb.php/227-5cbcafee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。