09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

ナッピー 突然の死。。。 

ナッピーが今日他界した。。。
享年二年二ヶ月。

ハムスターは突然亡くなるとは聞いていたが、
覚悟はしていたもののこれほど突然亡くなるなんて思ってもみなかった。。。

今朝起きたら、ナッピーがめずらしく朝起きてきた。
おぉ!今日は調子いいんだなぁ!
と思い、慌てて餌、薬をやった。

その後。。。
10時半過ぎだっただろうか、
何気にナッピーハウスを見たら息をしていないような気配!?
慌ててみると、息途絶えていた。。。
駄目もとで酸素をやってみても時既に遅しだった。。。

いずれはくる死。
それに対して、どうしようかなんて具体的には考えていなかったので、
とりあえず、動物病院に電話してみた。
先生に代わってくれて話しができた。
話しの内容はほぼ覚えていない。
とりあえず、ナッピーをどうしたらいいのか。
火葬、土葬の方法があり、
火葬はペット霊園などでやってくれる。
土葬は庭などの土に埋める。
庭が無いので、土葬は実家に帰らない限り無理だなぁと思い、
火葬を選択した。

近くに、いずみペット霊園がありそこへ電話した。
対応も良く、火葬なら今日の午後2時ころから可能ということだった。

最近暖かくなってきたので、すぐ腐敗まではいかないだろうけど、
1日2日したら腐敗して大変だろうな、と思っていたので、
すぐに対応してくれた霊園に感謝している。
しかし、亡くなって何時間か後に火葬というのも、
こちらの心の準備がなんとなくできていない。
(亡くなったのが)本当なんだろうか?
生き返るんではないだろうか?
などと、考えられないことが考えつく。
人間だったらもっと大変なんだろうな。

午後2時ということだったが、早めに家を出て花を買って行った。
午後1時過ぎにはペット霊園に着いていた。

最後のお別れ。
なんか、朝からの出来事でこういう場所にいるという姿がどうも理解できない自分がいた。
しかし、現実は受け止めなくてはいけない。
火葬した後、収骨の時、胸のあたりに赤いような塊があった。
やはり、心臓が原因だったのかな、と思った。
納骨も合祀型のお墓に入れられた。

一通り終了し、帰宅。
あまりそのままの状態にしておくと、自分が辛くなって来そうでナッピーハウスを掃除した。
今はゲージはもぬけの空。。。
今やっと現実を見つめている時間がある。

でも、ナッピーは一緒に生活が出来たことを喜んでいるに違いない。
そして、自分は夜中起こされたりいろんなことがあったけど、
それなりに楽しんで生活が出来たと思っている。
今の現実をみつめて、過去のナッピーを振り返ろうかな。。。

とにかく、
ナッピーと暮らした2年2ヶ月は永遠に心の中に生きている。
ありがとう。
ナッピー!

コピー ~ NAPPY95

スポンサーサイト

[edit]

« J2仙台 第7節 仙台vsC大阪  |  J2仙台 ~第7節 仙台vsC大阪~ »

コメント

こんばんは。

ナッピーちゃん・・・残念でした。
ナッピーちゃんも、ひでさんも頑張りましたね。
後悔だけはしないで下さいね。
大切に大切に育ててきたんですから。
ナッピーちゃんも、ちゃんと分かってますよ。
だから、今朝もきちんと挨拶してくれたんでしょうね。

しばらくは、現実として受け入れられないかも知れませんが、いつか時が癒してくれると思います。

何度体験しても、お別れは辛いです。
愛情をかけたら、かけた分だけ。
元気出してくださいね。

何だか、うまい言葉が見つからなくて、長々とすみません。


「虹の橋」http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html
夢物語かもしれませんが、少しでも気持ちが楽になりますように。

突然の事で、ひでさんも今日はお疲れでしょう。
ゆっくり休んでくださいね。

なお #- | URL
2009/04/12 21:32 * edit *

Thank you!

こんばんは。
いつもどうもありがとう。

虹の橋、ありがとうございました。
ちょっと本を購入して読んでみたいと思い、amazonで購入しちゃいました。

亡くなったことで"後悔"という文字はないですねぇ。
というのも、最近病気になってからナッピーの看病をしていて、
"ナッピーの為に出来ること"ってナンなんだろうと思い、
それに対して"一生懸命"という言葉が逆に重荷に感じられるようになったんです。
懸命にがんばりすぎなのは、良くないんじゃないかと。
だから、ナッピーにも特別なことは何もせず、ナッピーが出てきた時に数分の時間でも存分に楽しませた。
寝ているなら邪魔はしない。ただ様子は見るけどね。
動物に対して"依存"してしまうと、逆に人間がやられてしまうことがあるので、
お互いにいい距離感を保って接しました。
ナッピーは多分分かっていたんだろうと思っています。

最後の日の朝は、正直なところ。。。
うちのかみさんは訳あって、土日しか家に居れないんだけど、
日曜の朝、かみさんが起きたらナッピーが起きてきたんです。
病気になってからなかなかナッピーは朝起きてこなくなっていたので。。。
だから、余計嬉しかったんだけど、そういう悲劇となりそれ以上に悲しく感じられたのでした。

でも、答えは昨日話し合って決めました。
ナッピーのことを受け入れてあげないと、ナッピー自体がうかばれなくなってしまうし、ナッピーが二人の前で亡くなったということがどれだけ幸せだったろうなぁ、と思いました。

今のナッピーは多分、私の肩(虹の橋)のうえで目玉おやじのようにして枝豆でも食べているんじゃないかな!?っとも思っているんですけどね。ハハハ。

ホントご心配いただきありがとうございました。
懲りずにご訪問ください。

PS.
ある意味、亡くなったことはアンハッピーではなくハッピー!?なのかもしれないなぁ。

@@ひで@@ #- | URL
2009/04/14 23:45 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hidediary.blog49.fc2.com/tb.php/359-8729c6e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

今週のレース予想

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ