X JAPAN WORLD TOUR Live in TOKYO ~攻撃続行中~ ~18回目の夜~ SPECIAL

久々のXのLIVE!

会場の周辺はそういった類の人達の群れ!
懐かしいなぁ。
すでに16時は過ぎていたので、
会場内に入ると観客は結構埋まっていた。

17:24客電が落ち、
"RASTY NAIL"でスタート!
続いて"WEEK END"!
そして、新曲"JADE"!
この新曲、結構、マイナー的なリズムでかっこいい。
メロディアスなサビあり、難解な曲展開!
"I.V."の延長線上のような重い感じで、
私的にはマイナー的リズムがスラッシュっぽくて良かったが、きっと一般向けはしないだろう。

人それぞれいいな!と思う事って違うのだろうが、
TOSHIのMCを聞き、ふと気づいた。
昔、X JAPAN(X)のLIVEを観に行きつつ、このTOSHIのMCに結構元気づけられていたんだなぁ、と。
今回もそういう気がしてきた。

音楽的には、YOSHIKIとSUGIZOの融合!
PIANOとVIOLINのアンサンブルは、正直、感動した。
クラシカルな二人だからこそできるものでもあるし、クオリティー高い演奏だったと思う。
そして、SUGIZOのVIOLINから"紅"が奏でられた。

本編はおよそ19時に終了。

アンコールにてVIOLET U.K.が始まる。
噂には聞いていたものの、正直、このLIVEに必要なのかは"!?"
私的には不要と思うが。。。
"DRUM SOLO"~"WITHOUT YOU"に移り、アンコール1幕終了。

アンコール2幕が来ると思いきや、客電が徐々に点けられ、
「あれ!?」という観客。
しかし、"WORLD ANTHEM"のSEが流れ始まった。
"I.V."が始まる。
そして、待ちに待った"X"!!!
開始前会場内では"ジャンピング行為禁止"ということだったが、みんなでやれば怖くない!
これこそ"強行突破"だ。

と、私が観たのはここまで。
私用があり新幹線で帰らねばならなかった。
この後"ENDLESS RAIN"、"ART OF LIFE"をやったのかな?
観れなかったのは残念だったけど、最低限のXジャンプは出来た。

アンコールを待つ観客に"WE ARE!"を連呼する若者~あれほどまでにがんばっている、夢中になっている、いい奴がいた。
その反面、大体のセットリストパターンが読まれているせいか、タバコを吸いに、トイレへ行ったりと。。。
まぁ、東京ドームだからね、しょうがないと言えばそれまでだが、
昔はああいうことすらなかったなぁ。
一刻も何が起きるかわからない状況で観ていたからなぁ。

それと、曲間のインターバルは去年のドーム公演時より短くなって良く感じたけど、曲に入るまでの伸ばしが長い。引っ張りすぎ!?
観客との融合は確かにわかるが、もっと曲を楽しみたいファンは多いはず。
ああいう引っ張りより"20th CENTURY BOY"で、モンキーダンスしてた方が融合出来ると思うゼ
身体的に不可能なのか?、はわからないけど、SUGIZOが加入したことでその辺の進化が問われる。
あまり期待はしていないけど。

ともあれ、約5万人の観客のノリは良かった。
やはり最高だなぁ、と感じた反面、頭を振るノリノリの客の少ないことが悲しく感じられた。

もうそういう時代じゃないのかなぁ。。。
スポンサーサイト

テーマ : X JAPAN
ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

@@ひで@@

Author:@@ひで@@
競馬、音楽etc...
いろんなことがテーマです。
ナッピーは永遠に不滅です!

今週のレース予想
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
出馬表
今週の注目馬
今週の馬クラウド
リンク
RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター