10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

震災との戦い2 

昨日、実家のある宮古市へ行ってきた。

盛岡から国道106号線を東へ進む。

途中、ENEOSのタンクローリーを抜き去った。

このタンクローリーこそが宮古の人達が待ち望んでいたものだった。

宮古のバイパスのENEOSには長蛇の車、灯油缶を持った人が大勢いた。

さて、バイパスを過ぎ陸橋を越えると、想像を絶する光景が待ち受けていた。

まぁ、1週間経っている今だから、

「直後はもっと凄い事だったんだろうな」と。

まだこの周辺の電気は復旧していない。

信号も静岡県警の方が誘導していた。


実家のお店があった鍬ヶ崎地区は、ほぼ全滅(壊滅)状態だった。

海水と粉塵と鉄錆というのか、凄く独特の臭いを感じた。

「何でここにいるんだよ、観光船。」

当初、写真を撮ってこようと思っていたんだけど、

瓦礫の傍らに見える写真やアルバム、メモが見える。。。

そういうものを見ていると、そんな場合じゃないな、と感じた。

ホント、復興…というより、

家を流された人は、どこに住みどこで暮らせばいいのか、

考えられない大変な状況だ。

少しずつでも、一日一歩でも、数ミリでも、

前進して行くしかないのかな。

何年かかることなのかわからないけど、

悲惨な現状ということだけが、突きつけられているように感じた。
スポンサーサイト

[edit]

« J1仙台 第7節 川崎Fvs仙台  |  震災との戦い1 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hidediary.blog49.fc2.com/tb.php/507-679e2bbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ